画材代支援プロジェクト

アーティスト支援を行う「画材代支援プロジェクト」

新型コロナウイルス感染拡大を受け、日本(世界)全体が経済的に大きな打撃を受けています。

国や都のアーティストへの補償として、持続化給付金や個人向け緊急小口資金、そして5/15(金)に開始した東京都のアート支援である「アートにエールを!東京プロジェクト」などの補償が現在成立しています。

その中、民間企業でもアーティスト支援を行っているのが「画材代支援プロジェクト」です。

このプロジェクトはnoteを利用して、将来性のあるアーティストへ画材代の支援を募集する事で、アーティストがより良い創作活動ができる環境づくりを目指しています。

画材代支援プロジェクトとは

「画材代支援プロジェクト」は貴方のサポートで新しいアート作品が生まれます。


作家へ画材代をサポートする事で、作品が生まれる前から共に歩み、創作活動を応援し、作家の未来の夢を叶えます。


そして作品制作に集中できるアート環境と、複数の作家をサポートできる環境を作り、美術界全体を活性化したいと考えております。

https://igblog.initialsite.com/art-support/

具体的な画材代の支援方法は、プロジェクトに登録しているアーティストのnote記事を見て、気に入ったアーティストへnote上の「サポート」機能より投げ銭を行う事で、支援できる仕組みとなっています。

各アーティストの記事を見てみると、アーティストのプロフィール、アート活動、作品コンセプト、作品一覧画像などが記述されており、おおよそクラウドファンディングのような内容となっています。

現在20名以上のアーティストが登録しており、将来的に人気の出そうなアーティストが揃っています。

画材代支援プロジェクト 登録作家一覧

note(ノート)

「画材代支援プロジェクト」は貴方のサポートで新しいアート作品が生まれます。 作家へ画材代をサポートする事で、作品が生まれ…

緊急事態宣言も徐々に解除されているとはいえ、現在も新薬やワクチン開発はまだこれからと言う状況である新型コロナウイルス。
今後も厳しい状況の世の中が続くと考えられますが、その状況下でも残したい素晴らしいアートは沢山あります。

アフターコロナの世界でも、アートの灯を絶やさないために、気に入ったアーティストへサポートしてみてはいかがでしょうか。