CATEGORY

アートニュース

Initial Gallery(イニシャルギャラリー)「アートのある生活」フォトコンテスト大賞結果発表!

昨年12月23日よりアートのオンラインマーケットInitial Gallery(イニシャルギャラリー)が開催していた「アートのある生活」フォトコンテストの結果発表が3月5日(木)にありました。 コンテストのテーマ「アートのある生活」とあるように、Instagramに応募された作品は見ているだけで笑みが出るような作品です。参加者の自宅やアトリエ、職場など自分の生活空間にあるアートを撮影された作品総数 […]

最優秀賞は10万円!Initial Gallery(イニシャルギャラリー)がインスタで「アートのある生活」フォトコンテスト を開催

現代アート作品に独自のアート指標、IGS(イニシャルギャラリースコア)で評価を行い、ユーザーに作品の購入基準を提案するアートのオンラインマーケットのInitial Gallery(イニシャルギャラリー)。 そのInitial Gallery(イニシャルギャラリー)がInstagramを利用したフォトコンテストを開催中です。 作品応募期間:2019年12月23日~2020年2月14日結果発表:202 […]

リアルな現代アートの内情がわかる!映画「アートのお値段」鑑賞レビュー

ナサニエル・カーンが監督を務める映画「アートのお値段」は、アートの価格と価値を巡るドキュメンタリー映画です。アーティスト、コレクター、ギャラリスト、オークショニア、評論家などがアートの価格と価値をそれぞれの立場で据え、そうして成り立っているのが現在の現代アート市場であると見えてきます。それは単純に良い芸術作品であれば高い値段がつくというわけではありません。 本編では対象的な価値観を持つ人が沢山登場 […]

バンクシー作品史上最高額の約13億円で落札!英国議会を皮肉った作品からみるアート投資の選び方

アートオークションで衝撃的なニュースがありました。 謎の覆面アーティストである「バンクシー(banksy)」の作品「Devolved Parliament」が、10/3に大手オークションハウス「サザビーズ」で約990万ポンド(約13億円)で落札されました。これはバンクシー作品の中で過去最高額での落札となりました。 この時の予想落札価格は150万~200万ポンド。 実に予想落札価格の約5倍の価格での […]