CATEGORY

インタビュー

現代美術作家・若佐慎一「生きてる実感を得られ続けられる人生が良い」-ARTFULLインタビュー-

日本の伝統的な招き猫をポップでキャッチーに描いた「招キ猫 」シリーズを始め、数々の現代アートを生み出し注目される現代美術作家の若佐慎一さん。 またその作品たちが“日本画”であるのも驚きだ。 現在、個展も開催中の若佐さんに、作家としての生い立ち、日本画の魅力、現在の制作活動や今後についてお話を伺いました。 現代美術作家・若佐慎一 1982年 広島生まれ広島市立大学大学院博士後期課程 満期退学 大学で […]

妖怪画家・怪人ふくふく「一枚の絵に生命力と物語をねじ込んでいく」-ARTFULLインタビュー-

妖怪画家兼イラストレーター 怪人ふくふく 20年前から、地元の広島県三原市の居酒屋などで展示を行いつつ、我流の墨彩妖怪画や武者絵など、パワフルな画風で描く。 毎年大阪で開催されるプロの妖怪系作家で構成された展示イベント「なにわ妖隗祭」に毎年参加。イラストレーターとしては「墨絵とデジタルを組み合わせた墨彩画」を売りに活動中。 イラストレーターデビュー作は、笠倉出版社「いちばんおもしろい妖怪図鑑」※現 […]

水彩画家・平田 幸大「人生のプラスになるような感情を、絵に込めたい。」-ARTFULLインタビュー-

躍動感と生命力があふれる動物たちを色鮮やかに描き出す、水彩画家・平田 幸大さん。 今回は、美しく力強い作品を制作する平田さんに、水彩画の魅力、作品に込める想い、今後の展望などについて詳しくお話を伺いました。 平田 幸大 1990年 兵庫県相生市生まれ2012年 岡山県立大学 デザイン学部デザイン工学科情報デザインコース 卒業2012年 写真スタジオ勤務2015年 印刷会社勤務、フリーランスデザイナ […]

彫刻家・勝木 杏吏 「 一目で目を奪うような彫刻を」 -ARTFULLインタビュー-

青く、どこまでも深く青い“鉄”。金属を水面のように光り輝かせる彫刻家、勝木 杏吏さん。 今回は、 金属の表面を磨いた後に炙って色を付ける独自の手法にて作品制作をしている勝木 杏吏さんに、彫刻家を目指すまで、作品制作について、現在の活動について詳しくお話を伺いました。 勝木 杏吏 東京生まれ 国立音楽大学附属高等学校 卒業 多摩美術大学彫刻学科 卒業 多摩美術大学大学院美術研究科博士前期課程 修了 […]

Yufi Yamamoto「在りたいと思う女性像を投影」-羽田沙織インタビュー-

16歳で単身アメリカへ渡り、シアトルやカリフォルニアで10年以上過ごしたYufi Yamamoto。その作品はLAのレトロスクールの色調や、ストリートサーフカルチャーからインスパイアされ、サイケデリックかつポップな雰囲気が特徴的。 そして今回、Inherit Gallery(世田谷区)で開催中の展覧会『The Soft Flowers Club』を訪問し、作品に対する想いと、彼女のアートのルーツで […]

画家・小林 望美 「モザイクアートは“破壊と再生” 」 -ARTFULLインタビュー-

モザイクアートで知られる画家・小林 望美さん、離れれば離れるほどに浮かび上がるモチーフ、でも細部に近づき凝視したくなるほどの美しさを放つ黄金色で縁取られたモザイクの粒たち。 今回はこの不思議な魅力をもつ“モザイクアート”の原点、小林さんの作家活動、作品に込める想い、制作過程などについて詳しくお話を伺いました。 小林 望美 1991 茨城県生まれ2014 群馬大学教育学部芸術・表現系美術専攻 卒業​ […]

画家・Fujiyoshi Brother’s「今日も明日も明後日も、常に挑戦し続けていかなければならない」 -ARTFULLインタビュー-

兄弟2人で活動するアートユニット「Fujiyoshi Brother’s (フジヨシブラザーズ)」。作品のすべてを合作で制作しており、兄弟とはいえ違う2人が、兄弟だからこそ生まれるその一つ一つの作品たち。 今回は、 代表作の「アニマルシリーズ」を始め、様々な分野で現在も進化し続けるお二人の活動について詳しくお話を伺いました。 Fujiyoshi Brother’s Fujiyoshi Brothe […]

画家・秋山 佳奈子「アートで街を元気に、私にも何か出来ることがある」 -ARTFULLインタビュー-

今回のインタビューは、画家としての活動はもちろん、地元である栃木でアートで地域の問題を解決しようと町おこし活動も行っている秋山 佳奈子さんに、作品に込める想い、町おこしの活動について詳しくお話を伺いました。 秋山 佳奈子1986年 栃木県生まれ 2010年 多摩美術大学大学院博士前期課程絵画専攻版画研究領域 修了 近年の主な展覧会2020年 「描かれた水神展」小山市立車屋美術館(栃木) […]

小久江峻「藝術・医療・福祉を横断し生きる力を追求」-羽田沙織インタビュー-

綿を筆として用いることで、柔らかい空気のような表情を描く画家、小久江峻(オグエシュン)。彼のアートは絵画だけに留まらず、藝術、福祉、医療の垣根を超えるアプローチの展開と、いくつものジャンルを横断し幅広く活動を行う。 そして今回、RISE GALLERY(目黒区)で開催中の展覧会『こころのまわり、からだのうち』を訪問し、作品に対する想いと幅広いアート活動について、フリーアナウンサーでアートエバンジェ […]

画家・徳永 雅之「曖昧であることで、そこに現れるリアリティというものがある」 -ARTFULLインタビュー-

作品のすべてが“エアーブラシ” で描かれ、それは見えているようで見えていない、それは光なのかまたは闇なのか、見るものによっていろんな表情を見せる数々の魅力的な作品たち。 今回は、 長年画家として精力的に活動を続ける画家・徳永 雅之さんにエアーブラシの魅力、作品のルーツ、制作過程など、 詳しくお話を伺いました。 徳永 雅之1960 長崎県佐世保市生まれ1985 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業 […]