宮本京香、山科理絵、本木ひかり、山本大貴、山本有彩、山本麻友香-完売人物画作家紹介

宮本京香

人間の「業(ごう)」を命題としており、それは人間を考えることに他なりません。登場する機械やおもちゃなどが登場人物の装飾として繰り返し描かれており、それは作家の内面世界の象徴でもあります。面白いのは描かれるモノは具象であるにもかかわらず、表現しているのは抽象であることです。若い世代になればなるほど、具象や抽象といった括りで判断すること自体がナンセンスであることを感じずに入られません。若き才能が何を感じ、何を残すのか、今後が楽しみで仕方ありません。

プロフィール

2018年多摩美術大学美術学部絵画学科日本画専攻卒業。
取り扱い画廊: アート★ジャイガ
作品購入の目安:要問合せ

山科理絵

伝統的な日本画の世界において、作家によるヴェルヴェットのように柔らかな筆づかいによって描かれた作品は、多分に可愛らしさに満ち満ちており、それが多くの方の共感を呼んでいるのです。特に狂言の世界を描くことで世に出てきた作家であり、狂言や能は同じ仮面ながら様々な表情を演者によって見せてくれます。そのため喜怒哀楽を表現できるように出来るだけフラットな顔付きをしているのです。作家が描く何気ない仕草やポージングの選択と描き方が絶妙であり、それが独特のユーモラスさと美意識を生んでいるのです。

プロフィール

1977年千葉県生まれ。武蔵野美術大学造形学部日本画学科卒業。。
取り扱い画廊: GALLERY CLASS、ギャラリーアートもりもと 
作品購入の目安:要問合せ

本木ひかり

まだあどけなさの残る少女の大人びた表情の瞬間を描くのが作家の持ち味でしょう。作品を通じて、詩的でありながら現実にある世界の断片を提示することで、鑑賞者である私達は絵の前から離れることが出来なくなります。それは心の内と外にある世界の曖昧さを的確に表現しているからで、描かれた少女の視線や仕草の一つ一つに意味が込められており、私達は絵の前で共感してしまいます。将来、何を描いているのか、何を描こうとしていくのか、新作が楽しみなアーティストです。

プロフィール

1986年福岡県生まれ。2006年佐賀大学 文化教育学部 美術・工芸過程 西洋画専攻 入学。2010年佐賀大学文化教育学部 美術・工芸過程西洋画専攻卒業。
取り扱い画廊: ギャラリーアートもりもと 
作品購入の目安:号=3.5万円

山本大貴

美しい女性を描く日本画家といえば必ず名前が挙がる作家のひとりです。絵画が出来上がるまでの過程を「映画芸術」に例えており、実際にモデルをオファーすることから、政策のシチュエーションなども完璧にコントロール下において制作しています。特に影の使い方が抜群に上手い印象を持ちます。だからこそ光が生きてくるのです。アイコニックなポーズによって、誰が作者なのか一目でわかるのも特徴です。アイパッドを持つ女性、ギターを持つ女子高生など、現代社会に生きる女性が描かれており、それは旧来の日本画や西洋画とは異なる同時代性が描かれている面白さがあるのです。作品には必ず花や植物がアイコンとして作品に登場することも、どこかイニシエーションを感じます。

プロフィール

1982年千葉生まれ。武蔵野美術大学大学院修了。
取り扱い画廊: 日本橋三越本店、新生堂、日動画廊など
作品購入の目安:要問合せ

山本有彩

淡い、どこまでも淡い女性像にエキゾチックな感情を抱くのは、独特なオリエンタrイズムを取り入れている効果でしょう。例えるなら神話の中に登場する女性のような、幻想的な世界が広がっています。視線の先にある余白を鑑賞者が補うように想像を掻き立てられる世界は、果たして過去への旅なのか、それとも未来に向けられたものなのか、不思議な浮遊感を纏っています。

プロフィール

1992年生まれ。2017年金沢美術工芸大学修士課程絵画専攻日本画コース終了。
取り扱い画廊:Gallery ARK
作品購入の目安:号=1.8万円

山本麻友香

ギャラリー椿に所属しているということは、世界の現代アートのフィールドで勝負することを意味しています。日本文化のルーツ、日本のサブカルチャーのアイロニーさ、絵に登場する「動物少年」を通じて、作者は自己の精神をスパークさせているように思います。そしてアイコンが何より可愛く美しい。それは少年を単に愛くるしく描いているだけでなく、マチエールの美しさが本当に素晴らしく、世界でもトップクラスの技術力を持っていることが作品から伺えます。名実ともにグローバルアーティストとしての活躍が期待されるアーティストです。

プロフィール

1964 岡山県生まれ。1990年武蔵野美術大学大学院造形研究科版画専修修了 。
取り扱い画廊: ギャラリー椿、ギャラリーWOO(韓国釜山)ギャラリーSP(韓国ソウル)
作品購入の目安:要問合せ

最新情報をチェックしよう!