エルミタージュ美術館、メトロポリタン美術館、ニューヨーク近代美術館、グッゲンハイム美術館-美術館ナビ

美術館ナビ


エルミタージュ美術館

古都サンクトペテルブルクにある世界3大美術館の1つ。建物が世界文化遺産に登録されている大規模な美術館で小エルミタージュ、旧エルミタージュ、エルミタージュ劇場、冬宮、新エルミタージュの5つに分けられる。1775年にロマノフ王朝の女帝エカテリーナ2世が自分専用の展示スペースを設置してからコレクションが増え続けた。世界各地域から収集した収蔵品は約300万点と膨大でイタリア、スペイン、オランダ、イギリス、ドイツ、古代エジプト、シベリア、中近東、中央アジア、極東まで広範囲にわたる。   

住所:  Palace Square, 2, St Petersburg, 「ロシア」
URL: https://www.hermitagemuseum.org/wps/portal/hermitage/!ut/p/z1/04_Sj9CPykssy0xPLMnMz0vMAfIjo8zi_R0dzQyNnQ28_D29zQ0c_UNMPfz9w5yNnE30wwkpiAJKG-AAjgZA_VGElBTkRhikOyoqAgDOvDDP/dz/d5/L2dBISEvZ0FBIS9nQSEh/?lng=ru

メトロポリタン美術館

ニューヨークの5番街にある世界3大美術館の一つで1870年、オープンした。当初の収蔵品はわずかな寄贈品だけであったがその後の購入や寄贈などで現在では約300万点に及ぶ。時代、地域、技法などにはこだわらない幅の極めて広いコレクションのため常設展示セクションが17もあり、絵画、彫刻、工芸品から写真、家具、楽器、装飾品などまで展示している。世界の美術百科事典のようでもあるのに国立ではなく有志で設立し運営している私設美術館であるのは最大の特徴。

住所: 1000 5th Ave, New York, NY 10028 「アメリカ合衆国 」
URL: https://www.metmuseum.org/

ニューヨーク近代美術館

ニューヨーク・マンハッタンにあるモダンアートの殿堂とされる近現代美術館。 1929年、オープンした頃から「ザ・モダン」と呼ばれ、英語館名の頭文字から「MoMA」の愛称もある。10万点以上になる所蔵品は絵画、彫刻、写真、建築、デザイン、フィルム、ポスター、写真など多岐にわたり、若手作家や映画監督による展示などまで美術の概念を広げ美術に関心の薄い人にも人気がある。独創的な現代美術作品で溢れた空間は、20世紀以降の現代美術の発展に貢献をしている。

住所: 11 W 53rd St, New York, NY 10019 「アメリカ合衆国 」
URL: https://www.moma.org/

グッゲンハイム美術館

View this post on Instagram

グッゲンハイム美術館 ここからは卒業旅行・ニューヨーク編!✨ ハコも中身も刺激的でめっちゃえもえもだった~~!💞また行きたい! 中に入った瞬間「フランク・ロイド・ライト天才……!!!」以外の感情を奪うこの建築よ。コルビュジェによる国立西洋美術館の常設展示室も心から素晴らしいと思うけれども、私はこれほんとにお気に入り。建築にそれほど興味のない私がここまで言うぐらいだから、間違いなく自分史上ナンバーワン博物館建築。 複数の企画展と常設展を織り混ぜるようにして、しかしながら自然に魅せる螺旋状の動線の美しさは至上。メインの企画展(螺旋の本線)を見ていく途中で、常設展に「寄り道」できるような構造になっており、企画展と関わりの深い作品を、常設展を通して「つまみ食い」することで、来館者の鑑賞をさらにユニークなものにしている。そしてこの「寄り道」の構造は、もう1つの企画展であったメイプルソープの写真展のような、過激な作品を鑑賞するか否かを、規制を敷くことで博物館側が規定するのではなく、来館者に完璧に委ねることを実現させている。そして天窓からはキラキラと自然光が降り注ぐ……雨で足元が滑らなければ、本当に文句はなかった(あれはガチで危ないです、床とぅるっとぅるだから)。 訪れてから1年以上経っての投稿であるのに、ここまでオタク特有の早口で語り倒せるのだから、ほんとによっぽど良かったんだと思う、(笑)全面的に建築がこの魅力的なキュレーションを実現させているから、建築のことしか語れない…… ここで超絶素敵なバックパックを、安く買えたのも良い思い出😆今も大事に使ってる。 #はくぶつかん#グッゲンハイム美術館#ニューヨーク#勝手にFW

A post shared by Naho Yoshimura (@mamoochip) on

鉱山王・グッゲンハイムが収集した近現代美術品を収蔵した美術館。1939年、ニューヨーク・マンハッタンにオープンした。1959年に完成したフランク・ロイド・ライトが設計した建物は、世界文化遺産「フランク・ロイド・ライトの20世紀建築作品群」の構成資産である。 「かたつむりの殻」と表現される外観はらせん状の構造で上層部に上がるほど広くなっているのが特徴的。収蔵品はシャガール、ピカソ、ゴッホ、セザンヌ、ブランクーシなどの作品から現代美術作品まで多岐にわたる。

住所: 1071 5th Ave, New York, NY 10128 「アメリカ合衆国 」
URL: https://www.guggenheim.org/