国立近代美術館、国立新美術館、東京都現代美術館、森美術館-美術館ナビ

美術館ナビ


国立近代美術館

1952年にオープンした日本初の国立美術館。明治時代後半から現代までの近現代美術作品を収蔵し、絵画・彫刻・水彩画・素描・版画・写真など随時収集しながら常設展示をする初の美術館でもある。横山大観、菱田春草、岸田劉生など重要文化財を始めとする収蔵品は海外の作品も含めると国内最大規模の13,000点を超える。厳選された約200点を展示する企画展「MOMATコレクション」は、日本美術史を体感できると好評。現在地は都心にあって皇居、北の丸公園、千鳥ヶ淵なども散策できる自然豊かなロケーションにある。

住所: 東京都千代田区北の丸公園1−1
URL: https://www.momat.go.jp/cg/

国立新美術館

コレクションを持たない新しいタイプの美術館。国内最大級となる14,000平方メートルの展示スペースが特徴でこれを活かした多様な展覧会を開催している。美術全般に渡る最新情報や資料を収集、公開して美術情報を発信するアートセンターとしての役割を果たしている。国際情報都市東京から美術を仲介して価値観の多様性を包括することで、世界に向けて新しい文化が発展することに貢献している。黒川紀章の設計したガラス張りで曲線も美しい建物も好評。

住所: 東京都港区六本木7丁目22
URL: https://www.nact.jp/art-library/annex.html

東京都現代美術館

1995年にオープンした日本最大規模の現代美術館。2015年から3年間の改修工事を経て2019年3月にリニューアルオープンした。戦後からの国内外の絵画、彫刻、ファッション、建築、デザインなど約5,400点を収蔵している。企画展は現代美術の歴史と未来を展望できたり、海外の作品の動向を把握できたりと特徴がある。また美術関連図書約27万冊を揃え、講座や講習会なども含め、美術に関する知識を深め情報を発信し、芸術への造詣も深めさせている。 

住所: 東京都江東区三好4-1-1
URL: https://www.mot-art-museum.jp/

森美術館

View this post on Instagram

独りよがり

A post shared by KAHOH (@kahoh_official) on

森タワーの最上層にある現代アート美術館。六本木ヒルズのコンセプトである東京の新しい「文化都心」を意識して幅広いジャンルの作品を展示することにより世界中の美術ファンを集め人の交流を生み出そうとしている。企画展は国内外のデザイン、建築などから自由な視点でテーマを企画し、並行して行なわれるMAMプロジェクト、MAMコレクション、MAMスクリーン、MAMリサーチでも、世界の現代アートを多方面な方向から体感できる。

住所: 東京都港区六本木6丁目10−1 六本木ヒルズ森タワー 53階
URL: https://www.mori.art.museum/jp/



最新情報をチェックしよう!