ハラ ミュージアム アーク、栃木県立美術館、水戸芸術館、国立西洋美術館-美術館ナビ

美術館ナビ


ハラ ミュージアム アーク

東京都品川区にある現代アートの先駆けとされる原美術館の別館。榛名山麓にある伊香保グリーン牧場内にあり、磯崎新が設計した厩舎風の黒い建物も牧場の雰囲気に合わせている。草間彌生、奈良美智、ロバートラウシェンバーグなど国内外の現代美術コレクションを展示、屋外には立体作品も点在している。書院造をイメージした特別展示室「觀海庵」では、明治時代の実業家・原六郎が収集した書、工芸などの東洋古美術や近世日本絵画なども展示している。  

住所:群馬県渋川市金井2855−1
URL: http://www.haramuseum.or.jp/jp/arc/

栃木県立美術館

日本の公立の近現代美術館の先駆けとして川崎清が設計し1972年、オープンした。収蔵作品は栃木県を中心にした国内及び西欧の版画、挿絵本、写真、工芸などの近現代美術作品で約9,000点と地方美術館としては充実している。常設展から年4回の展示替えをしており企画展も随時、開催しているが、注目を浴びるテーマが多く人気がある。2008年にはマイセン磁器展示室を新設している。社会教育、学校教育の役割も果たすべく運営をしている。 

住所: 栃木県宇都宮市桜4丁目2−7
URL:http://towadaartcenter.com/

水戸芸術館

View this post on Instagram

#mito #geijutsukan#art #arttower

A post shared by Tsupin (@tsupin420) on

1990年、水戸市制100周年を記念してオープンした複合文化施設。塔が印象的な建物の設計は磯崎新による。音楽をコンサートホールATMで、演劇をACM劇場で、美術を現代美術ギャラリーで楽しめる。それぞれが独立して市民と一体となった企画など多様な自主企画を行っており、地域に根付いた3つの文化活動の拠点を目指している。理事長の森英恵、館長の小澤征爾の元で既成芸術の概念に囚われないオリジナルな視点から新しい芸術文化を創造しようとしている。 

住所: 茨城県水戸市五軒町1丁目6−8
URL: http://www.arttowermito.or.jp/

国立西洋美術館

実業家・松方幸次郎がフランスで収集した美術品「松方コレクション」をフランス政府が日本へ寄贈返還する条件として1959年に設立した西洋美術専門の美術館。その後も中世ルネサンス期以降の作品を加え20世紀前半までの西洋絵画や彫刻作品を常設展示している。クロード・モネ「睡蓮」、オーギュスト・ロダン「考える人」など世界的に有名な作品も数多い。建物は2016年7月に「ル・コルビュジエの建築作品」の構成資産の一つとして世界文化遺産に登録されている。  

住所: 東京都台東区上野公園7番7号
URL: https://www.nmwa.go.jp/jp