CATEGORY

美術史/美術技法

アール・ヌーヴォー、アール・デコ、フォーヴィズム、キュビスム、未来派-美術ヒストリー

美術ヒストリー アール・ヌーヴォー その語源はArt(芸術)+Nouveau(新しい)の造語で「新しい芸術」を意味しています。19世紀初頭の産業革命によって人々の暮らしは劇的に変化していきますが、安価で使い勝手が悪い商品も多く市場に出回るようになります。そうした社会的背景の反動でより芸術性の高い作品を求める気運が高まり生まれたのがアールヌーヴォーです。花や植物をモチーフにした曲線的なデザインが特徴 […]

日本画(彩色画)、水墨画、油彩画、水彩画(ガッシュ)-美術技法レポート

技法レポート 日本画(彩色画) 日本画の歴史は長く、千年以上続く伝統的な様式が確立されています。また日本画の画材は決して扱いやすいわけではなく、ここではオススメの彩色用画材をご紹介します。まず「岩絵具」ですが、日本画で最も代表的な画材です。天然の鉱物を原料としており、鉱物をすり潰して粒子にした後に、膠と混ぜ合わせることで、岩絵具ならではなの美しい色彩が完成します。現在も日本画家の多くが採用している […]

新古典主義、ロマン主義、ラファエル前派、写実主義(リアリズム)、ゴシックリバイバル-美術ヒストリー

美術ヒストリー 新古典主義 フランス革命によってそれまでの歴史に対する関心を激しく掻き立てられ、画家は英雄主義的なものを強く主題に求めるようになりました。当時のフランスの知識人達は自分達をギリシャやローマ人の生まれ変わりだと考えたがっており、ローマ的なものが好まれる傾向が強くなっていきます。特に建築や絵画の分野で如実にその特徴が表れており、それらを総称して「新古典主義」と呼んでいます。この時代を代 […]

コラージュ、フロッタージュ、デカルコマニー、スクラッチ-美術技法レポート

技法レポート コラージュ  コラージュはフランス語で「糊付け」を意味する言葉で、アートの分野でコラージュ技法が生まれたのはキュビスムが生まれた20世紀初頭のことです。当時の芸術の中心地パリには世界中から様々な芸術家が集まっていました。ムーランルージュを中心に劇場も花開き、様々な分野がジャンルを超えて混じり合うようになったのは自然の流れでしょう。絵画の分野における最初のコラージュ作品はピカソとブラッ […]

ルネサンス、マニエリスム、バロック、ロココ様式-美術ヒストリー

美術ヒストリー ルネサンス  紀元300年代になるとローマ帝国内における最大勢力となったキリスト教は、集会の場所に課題がありました。それは「パシリカ」と呼ばれる集会所にあった装飾性について、神の家に彫像を置くことはあってはならないものだったからです。そして6世紀末のローマ教皇グレゴリウス1世は「文字が読めない者にとって絵画は大いに有意義なものである」と推奨しました。当時、教会の図像について反対する […]

初期キリスト教美術、ビザンティン美術、初期中世美術、ロマネスク-美術ヒストリー

美術ヒストリー 初期キリスト教美術  紀元300年代になるとローマ帝国内における最大勢力となったキリスト教は、集会の場所に課題がありました。それは「パシリカ」と呼ばれる集会所にあった装飾性について、神の家に彫像を置くことはあってはならないものだったからです。そして6世紀末のローマ教皇グレゴリウス1世は「文字が読めない者にとって絵画は大いに有意義なものである」と推奨しました。当時、教会の図像について […]

原始美術、メソポタミア美術、エジプト美術、ギリシャ美術、ローマ美術-美術ヒストリー

美術ヒストリー 原始美術  美術の始まりがどこかはとても難しい。少なくとも高度な文明が発達するずっと前、紀元前1万年以上前の絵や彫刻は呪術の道具として使っていました。つまり彼らにとって絵は「美しい」ものではなく「威力」を発揮するものだったのです。獲物の絵を描き、それを槍や石斧で打ち続けることで、本物の動物を屈服させることが出来ると考えたはずです。魔術的な目的で岩に描いており、そうすることで獲物を手 […]