CATEGORY

売却

セカンダリーマーケットであるオークションとはどういった所か

セカンダリーマーケットとは2段階目の市場であり、オークションはここに位置します。現代アートの世界ではアーティストの新作が並ぶギャラリーのことをプライマリーギャラリー(マーケット)と呼び、ここで購入された作品が巡り巡ってオークションに出品されることになります。アートになじみがない方でも聞いたことがあるクリスティーズやサザビーズなどのオークションはセカンダリーマーケットです。 プライマリーマーケットと […]

美術品は売るタイミングが肝心!種類別高額買取のタイミング

美術品を売る時は、高く買い取ってもらえるタイミングで売却することが大切です。美術品の種類によって売却の最適なタイミングが異なりますので、種類ごとに売却のタイミングをおさえておきましょう。 絵画や掛け軸は描かれているもので売り時が違う 掛け軸を売りたいときは、どのような絵が描かれているかを確認してから売り出す時期を決めましょう。掛け軸には、季節を象徴する図柄が描かれたものがたくさんあります。春の図柄 […]

美術品投資は海外で売却すべき!でも英語は必要ない!?

美術品は投資対象として注目大! 美術品は鑑賞としてだけでなく、投資対象としても注目されています。購入した美術品の価値が高騰し、高値で売却することができれば投資として成功です。すべての作品の価値が高くなるわけではないですが、美術品によっては数倍・数百倍の価値になることもあります。 美術品投資は、鑑賞にも使えるため、投資と趣味のどちらも満たすことができて注目が高いです。そんな美術品投資をするなら、やは […]

美術品を転売するなら、これくらいは知っておきたい

美術品オークションの落札額の高さぶり おそらく有名なのであろう美術品に、オークションでおおよそ法外としか思えない値段が付けられたと言ったニュースをたまに聞かされることがあります。そんな時よくわからないそんな美術品の価値よりも、このオークションに出品した人はどれだけ儲けを得られたのだろうかなどに思いを馳せたりもしてしまいます。 「そうか、美術品は物によってはそんなにも儲かるものなのか」と投資のヒント […]

世界のオークションハウスとは?

今、アート投資が人気です。なぜなら長期投資(10年)の場合、金融よりもアートの方が平均利回りが高いことに注目が集まっているからです。実はアート投資は10万円もあれば気軽に始めることができるため、投資家の選択肢の一つとして検討する方が確実に増えています。元々のアートファンも日本の場合、アートは鑑賞するものであり購入することを考える人はまだまだ少ないのが現状です。いざアート投資をしようと思ってもどこか […]

美術品投資は売却がポイント!どんな方法があるの?

美術品投資では売却も重要 注目度が高くなっている美術品投資ですが、成功させるために重要なのが売却です。美術品投資の成功とは、美術品を購入して売却することで収益を出すことです。そのため、購入だけでなく、売却も美術品投資にはポイントとなります。 美術品を売却する場合、いくつかの方法があります。そこで知っておきたいのが、売却する方法とその特徴です。そこで今回は、美術品を売却する方法を中心にどんな売却方法 […]

5年で20倍!50万円で購入した作品が1000万円で売れたオークション取引

タイトルのように5年で20倍!になることが実は珍しくないのがアートの世界の特徴でもあります。お気に入りの作品を購入し、日々の生活で鑑賞しながら作品の価値も上昇していくのが理想的な「アート投資」のひとつの形でしょう。これが株式の場合、会社が倒産したら株が紙くずになるのと異なり、アートは現物資産であり、年月をかけて楽しむことが出来るのが大きな違いです。 例えば奈良美智の初期のドローイング作品は10万円 […]

サザビーズとクリスティーズ 〜歴史あるオークションの世界〜

アートオークション(セカンダリーマーケット)の世界は、サザビーズとクリスティーズという2大オークション会社によって牽引されています。それぞれ歴史が深く、サザビーズは1744年に誕生し、クリスティーズは1766年に誕生しました。どちらも発祥はロンドンです。両社のアートや文化貢献は計り知れません。なぜなら約3世紀に渡って戦争などの激動の時代を乗り越え、貴重な美術品を守り抜き、絶えることなく市場へと送り […]

完売率94%!日本でも人気が高まるSBIアートオークション

今、最も国内で勢いがあるオークション会社のひとつがSBIアートオークションです。その特徴は、主要な作品の大半が現代アートに特化していることです。それが他のオークション会社との大きな違いともいえます。また顧客も20代〜40代の世代の方も多く、ミレニアム世代の顧客を取り込むことに成功しています。これは、日本のアートマーケットの将来にも大きな期待を持てると言っていいでしょう。年々、日本のセカンダリーマー […]